相続登記とは

遺産相続に必要な手続きはいろいろとありますが、それぞれ期限が設けられており、その期限までに終わらせておかなければなりません。
中でも相続人が相続する財産を自分の名義に変えるために行う相続登記は非常に重要な手続きであり、これは被相続人が亡くなってから10カ月以内にすることになっています。
相続登記をしない場合、ほかの相続人が勝手に登記してしまう可能性もありますし、そうなってしまうとトラブルの原因にもなりますし不動産のようにずっと放置しておくことが難しいものもありますので、できるだけ早く相続登記をしておいたほうがいいでしょう。

続きを読む

相続登記について

遺産相続をすることが決まったら、最終的に相続人自身が相続登記をして名義変更しなければなりませんが、相続登記はどのようにすればいいのでしょうか?
遺産相続は多くの人が経験するものの、何回も経験するわけではないので手順や内容を意外と知られていないことも多いので、これを機に覚えておいてほしいと思います。

続きを読む

相続の期限

遺産相続をするうえで知っておかなければならないことはいくつかありますが、相続の手続きにはそれぞれ期限があることは必ず頭入れておかなければならないことのひとつです。
遺産相続はいろいろな手続きをしなければならないため、手順に沿って進めていかないと迷ってしまいますし、スケジュールをしっかり立てて期限までに終わらせられるように準備してください。

続きを読む

弁護士へ依頼する

遺産相続をスムーズに進めるために弁護士へ依頼する家庭もあると思いますが、弁護士に依頼するにあたってポイントとなるのはどんなところでしょうか?
まず相続をスムーズに進めるためには手順を把握し、正しい方法で進めて行くことがポイントになりますので、弁護士に依頼するというのはとても適切な判断だと思います。
しかし弁護士に依頼したからあとは丸投げしてしまえば良いというわけではなく、依頼する前の段階で何を依頼するのかきちんと整理しておかなければなりません。

続きを読む

子が相続するときに注意点

遺産相続は一般的に父親や母親が残した財産を子供へ相続させることが多いと思いますが、その際に知っておかなければならないことがいくつかあります。
ポイントはいくつかありますので、ここではそのあたりの話をしていきます。

続きを読む

親からの相続

遺産相続の形としてもっとも多いのは親が亡くなったときの相続だと思いますが、これはどこがポイントになるのでしょうか?
まず大前提として知っておかなければならないのは誰が相続人となるのか、また相続財産はどのくらいあるのかの2点です。

続きを読む

相続をうまく進めるために

一般的に遺産相続は大変なイメージを持たれており、時間がかかる、トラブルになりやすいといったネガティブな声をよく聴きます。
しかし家族が財産を残して亡くなった場合、それをそのままにしておくことはできませんから相続について協議をしていかなければなりません。
そこでここでは相続をうまく進めていくためのポイントをお伝えしていきます。

続きを読む

相続にかかる費用

遺産相続は被相続人が残した財産を引き継ぐわけですが、その手順を踏んでいくところでかかる費用があります。
遺産相続をするためにはいくつかのステップを踏んでいかなければなりませんし、名義変更をする際に提出しなければならない書類もありますので、それを取得する費用は相続人自身が負担することになります。

続きを読む

不動産を相続する際の手順

遺産相続の対象となる財産にはいろいろな種類がありますが、その中でも特に対象になることが多いのが不動産です。
不動産とひと言で言ってもマンションやアパートビルなどの建物もあれば、土地や農地、また借地権など種類がありますので、それぞれ必要な手続きをしなければなりませんが、基本的な相続の手順は同じなのでまずはそこをしっかり押さえておきましょう。
そこでここでは不動産を相続する際の手順を簡単に説明していきたいと思います。

続きを読む