相続手続きで使う遺産分割協議書

相続手続きで使う書類の中には、遺産分割協議書などもあります。
相続する上で重要となってくるのが、誰がどれくらいの相続をどのように受けるかという点です。
配偶者がいる場合は、妻や夫が財産を受け取ることも多いですし、子供や孫にも相続する権利はあります。
しかし、それらの点は遺産分割協議によって決めていく必要があります。
また、兄弟や姉妹がいる場合は、それぞれどれくらいの分割になるのかという点を話し合うことが必要です。
ただ、この遺産分割協議に関しては、色々とトラブルになることや問題になることも多いでしょう。
だからこそ、一度協議をして決定した際は、遺産分割協議書というものを作成して、その後は変更しないのが一般的となります。
つまり、遺産分割協議書は遺産分割の協議をしたという証明にもなりますし、誰がどのように分割をするのかを証明するものにもなるということです。

例えば、資産や財産とは言っても住宅や土地などの不動産がある他、車やバイクなどもありますし、その他の貯金や預金などの現金もあります。
それをどのように分割するかという点は、遺族にとっては重要なことです。
もちろん、遺産がまったくないということも少なくなく、近年は遺産分割協議をする必要すらない家系もあります。
ただ、少なくても多くても遺産がある場合は、分割協議によって決めていくことが必要なのです。
ここで注意しておきたいのが、冷静さを欠くことです。
事実、お金の話になると兄弟姉妹でもギクシャクしてしまうことがあります。
それを避けるためには、第三者を入れての話し合いが重要となります。
第三者であれば、冷静に話を決めていくことができますし、特にトラブルや問題にあることもありません。

遺産分割協議をする場合には、まずは専門家の力も借りてみましょう。
弁護士はもちろん、司法書士や行政書士、税理士なども重要となります。
これらのサービスを活用すれば、より遺産分割協議に関してもスムーズに話し合えるでしょう。
その他、遺産分割協議書の作成なども代行してくれるので、とても助かるということが多いです。
意外にも煩雑になることが多いので、そこはしっかりと判断して対処してもらうようにしてください。
それが、何より重要となってくるのではないでしょうか。
もちろん、何かトラブルや問題が発生した場合は、すぐに専門家に相談した方が良いです。
そこだけは要注意だと言えるでしょう。

相続登記とは

遺産相続に必要な手続きはいろいろとありますが、それぞれ期限が設けられており、その期限までに終わらせておかなければなりません。
中でも相続人が相続する財産を自分の名義に変えるために行う相続登記は非常に重要な手続きであり、これは被相続人が亡くなってから10カ月以内にすることになっています。
相続登記をしない場合、ほかの相続人が勝手に登記してしまう可能性もありますし、そうなってしまうとトラブルの原因にもなりますし不動産のようにずっと放置しておくことが難しいものもありますので、できるだけ早く相続登記をしておいたほうがいいでしょう。

続きを読む

相続登記について

遺産相続をすることが決まったら、最終的に相続人自身が相続登記をして名義変更しなければなりませんが、相続登記はどのようにすればいいのでしょうか?
遺産相続は多くの人が経験するものの、何回も経験するわけではないので手順や内容を意外と知られていないことも多いので、これを機に覚えておいてほしいと思います。

続きを読む

相続の期限

遺産相続をするうえで知っておかなければならないことはいくつかありますが、相続の手続きにはそれぞれ期限があることは必ず頭入れておかなければならないことのひとつです。
遺産相続はいろいろな手続きをしなければならないため、手順に沿って進めていかないと迷ってしまいますし、スケジュールをしっかり立てて期限までに終わらせられるように準備してください。

続きを読む

弁護士へ依頼する

遺産相続をスムーズに進めるために弁護士へ依頼する家庭もあると思いますが、弁護士に依頼するにあたってポイントとなるのはどんなところでしょうか?
まず相続をスムーズに進めるためには手順を把握し、正しい方法で進めて行くことがポイントになりますので、弁護士に依頼するというのはとても適切な判断だと思います。
しかし弁護士に依頼したからあとは丸投げしてしまえば良いというわけではなく、依頼する前の段階で何を依頼するのかきちんと整理しておかなければなりません。

続きを読む

子が相続するときに注意点

遺産相続は一般的に父親や母親が残した財産を子供へ相続させることが多いと思いますが、その際に知っておかなければならないことがいくつかあります。
ポイントはいくつかありますので、ここではそのあたりの話をしていきます。

続きを読む

親からの相続

遺産相続の形としてもっとも多いのは親が亡くなったときの相続だと思いますが、これはどこがポイントになるのでしょうか?
まず大前提として知っておかなければならないのは誰が相続人となるのか、また相続財産はどのくらいあるのかの2点です。

続きを読む

相続をうまく進めるために

一般的に遺産相続は大変なイメージを持たれており、時間がかかる、トラブルになりやすいといったネガティブな声をよく聴きます。
しかし家族が財産を残して亡くなった場合、それをそのままにしておくことはできませんから相続について協議をしていかなければなりません。
そこでここでは相続をうまく進めていくためのポイントをお伝えしていきます。

続きを読む

相続にかかる費用

遺産相続は被相続人が残した財産を引き継ぐわけですが、その手順を踏んでいくところでかかる費用があります。
遺産相続をするためにはいくつかのステップを踏んでいかなければなりませんし、名義変更をする際に提出しなければならない書類もありますので、それを取得する費用は相続人自身が負担することになります。

続きを読む

不動産を相続する際の手順

遺産相続の対象となる財産にはいろいろな種類がありますが、その中でも特に対象になることが多いのが不動産です。
不動産とひと言で言ってもマンションやアパートビルなどの建物もあれば、土地や農地、また借地権など種類がありますので、それぞれ必要な手続きをしなければなりませんが、基本的な相続の手順は同じなのでまずはそこをしっかり押さえておきましょう。
そこでここでは不動産を相続する際の手順を簡単に説明していきたいと思います。

続きを読む