子が相続するときに注意点

遺産相続は一般的に父親や母親が残した財産を子供へ相続させることが多いと思いますが、その際に知っておかなければならないことがいくつかあります。
ポイントはいくつかありますので、ここではそのあたりの話をしていきます。

はじめに法定相続分がどれくらいになるか?についてですが、法定相続分とは法定相続人が相続できる財産の割合のことで、これは当然ながら法定相続人であることが条件となります。
法定相続人となる権利があるのは被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹のみで、優先順位もこの順番で相続していきます。
したがってもっとも優先順位が高い配偶者がまず相続する権利を得ることになり、次に子供、父母祖父母、兄弟姉妹となります。

配偶者がいる場合の割合は全体の2分の1で、残りの2分1は子供で分け合うことになりますから、この場合父母祖父母と兄弟姉妹は相続権が得られません。
また被相続人に配偶者がいない場合は子供が100パーセント相続することになりますので、子供の間で財産を分けることになります。
ここでひとつ覚えておいて欲しいのが子の生まれた順番で法定相続分が変化することはないという点で、よく相続トラブルの原因として長男が一番上だからという理由でたくさんの財産を相続しようとするケースがありますが、これは大きな間違いです。
被相続人と親と子という関係であれば生まれた順番は関係なく平等に相続権を与えられますので、長男だからという理由で多くの割合を相続することはできないのです。

さらに養子を迎えている場合の相続ですが、養子も被相続人の子であることに変わりはありませんので優先順位や法定相続分も子と同じです。
たとえば被相続人の子供の妻を養子に迎え入れた場合、妻は被相続人と親子関係になっていますので相続権が与えられます。
この時点で相続の優先順位は被相続人の父母祖父母や兄弟姉妹よりも高くなります。
相続の手順などと同時に誰が相続権を持つのかなどを頭に入れておくとよりスムーズに進められます。