相続の期限

遺産相続をするうえで知っておかなければならないことはいくつかありますが、相続の手続きにはそれぞれ期限があることは必ず頭入れておかなければならないことのひとつです。
遺産相続はいろいろな手続きをしなければならないため、手順に沿って進めていかないと迷ってしまいますし、スケジュールをしっかり立てて期限までに終わらせられるように準備してください。

それでは手続きの期限についてお伝えしていきますが、まず被相続人となる家族が亡くなってから7日以内に死亡届の提出を市町村役場へしてください。
そして3カ月以内にところでやることは以下の通りになります。

「被相続人の通夜・葬儀」
「被相続人の所有する口座がある金融機関に連絡する」
「生命保険金を受けとる」
「健康保険・遺族年金がある場合はその受取手続き」
「遺言書の確認、裁判所で遺言書の検認」
「相続人を確定させるための戸籍調査をする」
「相続財産の調査をする」「遺産分割協議の開始」
「限定承認・相続放棄する」

この中でもまずやることは通夜・葬儀で、これが終わったらさっそく相続について話し合うことになるでしょう。
遠方から集まってきていることもあると思いますので、遺言書が残されていない場合は集まった機会を利用して遺産分割協議を開始しておくことをおすすめします。

そして準確定申告を4カ月以内に行ったら、10カ月以内に遺産分割協議書を作成し、相続登記を行い、相続税が発生する場合は納税手続きをします。
遺産分割協議書は遺産分割協議で決めた内容に記載したもので法定相続人全員の署名・押印が必要になります。
漏れがあった場合は遺産分割協議書そのものが無効になってしまいますので注意してください。
相続登記は相続財産によって方法が異なる場合もありますが、法務局で登記手続きをするという点は同じです。
相続登記が終わった後、相続税が発生しているなら納税手続きを税務署で行います。
相続税の納税が遅れるとペナルティが発生しますのでそこも注意が必要です。