相続登記とは

遺産相続に必要な手続きはいろいろとありますが、それぞれ期限が設けられており、その期限までに終わらせておかなければなりません。
中でも相続人が相続する財産を自分の名義に変えるために行う相続登記は非常に重要な手続きであり、これは被相続人が亡くなってから10カ月以内にすることになっています。
相続登記をしない場合、ほかの相続人が勝手に登記してしまう可能性もありますし、そうなってしまうとトラブルの原因にもなりますし不動産のようにずっと放置しておくことが難しいものもありますので、できるだけ早く相続登記をしておいたほうがいいでしょう。

それでは相続登記とはどのような手続きなのか少し詳しく説明していきたいと思います。
まず相続登記をする前に誰がどの財産を相続するのか決めなければなりませんから、「遺産分割協議」「遺言書」「法定相続分」のいずれかで決めてください。
一般的には遺言書が残されていない場合は遺産分割協議で決めますが、事務的に済ませてしまいたい、あるいはトラブルになっているときには法定相続分で決めることもあります。

次に相続登記をするときに必要になるものですが、これは以下の通りになります。
登記申請書(法務局のホームページからテンプレートが無料ダウンロードできます。)
遺産分割協議書か遺言書
相続人すべての印鑑証明書
相続人すべての戸籍謄本
被相続人の本籍地が記載されている住民票の除票
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
不動産を相続する場合は相続登記の対象となる不動産の登記事項証明書、物件を取得する相続人の住民票と対象物件の固定資産評価証明書

これらを準備して法務局で登記手続きをしてください。
相続登記の方法は法務局へ直接出向いても構いませんし、郵送でもできますし、最近ではオンラインからの登記申請もできますので、もっともやりやすい方法で行ってください。
また申請の代行をしてもらいたい場合は司法書士が代行業務をできますので、依頼するといいでしょう。