相続にかかる費用

遺産相続は被相続人が残した財産を引き継ぐわけですが、その手順を踏んでいくところでかかる費用があります。
遺産相続をするためにはいくつかのステップを踏んでいかなければなりませんし、名義変更をする際に提出しなければならない書類もありますので、それを取得する費用は相続人自身が負担することになります。

相続の対象となる代表的な財産に不動産があげられますが、不動産の相続登記に必要になるのはまず登録免許税でこれは相続の対象となる不動産の固定資産評価額の0.4%になります。
たとえば1,000万円の土地を相続する場合は1,000万円×0.4%になりますので40,000円が登録免許税として必要になります。
そして登記事項証明書が1件につき1,000円、戸籍謄本が1通450円×相続人の人数分、除籍謄本が1通750円、住民票が1通でおよそ300円程度、印鑑登録証明書が1通300円程度、固定資産額評価証明書が1通300円程度が必要になります。

次に不動産と同じように相続する可能性が高い預貯金の名義変更を行うときには相続人の人数分の戸籍謄本1通あたり450円、被相続人の除籍謄本1通750円、住民票1通300円程度、印鑑登録証明書300円程度、固定資産額評価証明書が1通300円程度が必要になります。

さらに相続は専門的な知識を必要とすることも多くなりますので、自分だけで進めるのではなく専門家へ依頼するほうが効率的です。
専門家へ依頼するということは当然そこに報酬が発生しますから、そこにもお金がかかります。
相続にかかわる代表的な専門家と言えば弁護士や司法書士、行政書士、税理士などがいますが、手続きの内容によって報酬も変わります。
たとえば不動産の登記手続きを代行してもらう場合はだいたい3万円〜10万円程度かかりますし、戸籍調査の代行には2万円から5万円程度、相続税申告手続きの代行や裁判の手続きをする場合は数十万程度かかることもあります。