親からの相続

遺産相続の形としてもっとも多いのは親が亡くなったときの相続だと思いますが、これはどこがポイントになるのでしょうか?
まず大前提として知っておかなければならないのは誰が相続人となるのか、また相続財産はどのくらいあるのかの2点です。

親が亡くなった場合相続人になる権利があるのは親の配偶者、そして子供、さらに親の父母祖父母、兄弟姉妹です。
優先順位がもっとも高いのは配偶者で、次に子供、父母祖父母、兄弟姉妹の順番となっており、配偶者と子供がいる場合は父母祖父母、兄弟姉妹に相続権は与えられません。

相続できる割合は配偶者が全体の2分の1、子供が残りの2分の1を分け合う形になりますので、親から相続できるのは配偶者がいる場合は2分の1ということになります。
子供が2人いる場合は配偶者が2分の1、子供は一人あたり4分の1ずつということです。
そして配偶者がおらず子供だけの場合はすべての財産を子供で相続することになります。
基本的に優先順位に沿って相続を進めていきますが、遺言書が残されている場合は遺言書の内容に沿って進めていくので優先順位に変動が生じる可能性もあります。

また相続財産がどのくらい残されているかは遺言書や財産目録があると分かりやすいのですが、ない場合は先に財産調査をしなければなりません。
遺産相続の対象になる財産は必ずしもプラスになるものばかりではなく、マイナスの財産もありますので、もしマイナスの財産のほうが多かった場合は相続した結果借金を返済していかなければならないことになります。
そうすると相続できる割合が多いほうがたくさん返済しなければなりませんので、相続放棄や限定承認といった選択肢も考えておきましょう。

相続の手順そのものは一般的な相続と変わらず、相続人や相続財産を確定させ、相続することが決まったら相続登記を行い、相続税が発生する場合は税務署へ納税するといった流れになります。
分からないことがあれば専門家に相談してみるといいでしょう。